自称進学校と進学校の違いは?自分の高校はどっち?定義や偏差値も紹介

記事内には広告が含まれます 記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

なんとなくで決めた自称進学校から有名大学を志望したいあなたに・・・

スタディコーチ_トップ

スタディコーチなどの塾やオンライン塾は、講師があなたの目指している大学以上の学歴があるかが重要です。

 

スタディコーチは、難関大学受験に勝つ学習戦略や効率の良い勉強法を熟知した、「現役東大生」のコーチが300人以上います。

 

学校帰宅後に移動する時間がなくてもオンラインで受講ができるので、いつでもどこからでも合格に近づけます。

 

さらに、このページから見ていただくと、なんと東大生・早慶生の授業が無料で受けられます。

スタディコーチ
東大生・早大生・慶大生 300名以上
オンライン校・実校舎 どちらも選択可能
対象学年 中学1年生以上〜浪人生・社会人

⇒とりあえず無料授業を受けてみる(1回限定)

自称進学校と進学校の違いは?進学校はどんなレベル?

自称進学校と進学校の違いは?進学校はどんなレベル?について下記3点を詳しく紹介します。

  • 自称進学校と進学校の違い
  • そもそも自称進学校とは?
  • 進学校はどんなレベル?

自称進学校と進学校の違い

自称進学校と進学校は、名称からして似ているように思えますが、実際にはその教育内容、学校の目指す方向性、生徒の学力レベルなど、多くの点で違いがあります。自称進学校はその名の通り、進学率の高さを前面に押し出している学校ですが、実際の教育水準や生徒の実力は様々です。一方、進学校は一般的に学力レベルが高く、厳しい入試を突破した生徒が多数を占め、高い教育水準を維持しています。

自称進学校の偏差値やその他の詳しい基準は、「自称進学校の偏差値はどのくらい?当てはまったら注意!?偏差値50は当てはまる?」で紹介しています。

そもそも自称進学校とは?

自称進学校とは、自らを進学校と称しながらも、その実態は様々な学力層の生徒が在籍している学校のことを指します。偏差値60程度を中心に、学力レベルは幅広い分布を見せています。

これらの学校は、しばしば国公立大学や有名私立大学への合格実績をアピールすることで、進学校としてのイメージを高めようと努めています。

しかし、教育内容やサポート体制が実際の進学校に比べて劣っている場合も少なくなく、学生一人ひとりに合ったきめ細やかな教育提供に課題を抱えていることもあります。

さらに、詳しく自称進学校について知りたい方は、「自称進学校出身者の「自称進あるある」の真相10選!束縛される?課題多すぎ?自称進の闇」もご覧ください。

あなたの高校は、自称進学校?自称進学校診断で確認してみてください。
▶︎【自称進学校診断】この高校自称進学校?今すぐ確認!

進学校はどんなレベル?

偏差値65以上を持つ学校は、一般的に進学校とされています。

特に東京大学合格者ランキングで上位に名を連ねるような進学校では、教育カリキュラムや学習環境が他とは一線を画します。

たとえば、兵庫県神戸市東灘区にある灘高校は全国的にもトップクラスの偏差値を誇り、独自の教育システムで知られています。

灘校の特徴の一つに、「担任持ち上がり制」があります。これは、生徒が中学から高校に進学する際も同じ教員が引き続き担任として教育を担うシステムです。

具体的には、8人の教員から成る担任団が編成され、そのチームが6年間一貫して生徒を指導します。

このチームには国語、数学、英語の教員が含まれており、これらの科目の授業は主に担任団のメンバーが担当します。さらに、学級担任は担任団内でローテーションされ、生徒は任意の教員に対して自由に相談することが可能な体制が整っています。

このような教育体制により、教育の計画性や効率性、そして一貫性が高まり、生徒一人ひとりに対するフォローが充実します。

生活指導も、複数の教員がそれぞれの視点で行うことで、より細やかなサポートが実現されています。灘校のような学校では、全国から優秀な生徒が集まり、高い教育水準と進学実績を誇っています。

自称進学校と進学校どちらが良いの?

自称進学校と進学校、どちらが良いのかは、生徒の目的やニーズによって異なります。

自称進学校は一般的には幅広い学力層の生徒が在籍しており、進学実績をアピールするものの、実際の教育内容や学習環境は学校によって大きく異なる場合があります。

これに対して、進学校は高い学力を有する生徒が集まり、学問を深く追究する環境が整っていることが多いです。

自称進学校のメリットとしては、比較的多様な学力層の生徒が在籍しているため、さまざまなタイプの生徒と交流する機会があります。

また、教育方針やカリキュラムによっては、個々の生徒に合わせた柔軟な学習プランを提供している場合もあります。

このような学校では、自己主導で学習を進めることを奨励し、生徒が自分に合ったペースで勉強を進めることができます。

一方で、進学校は競争が激しく、学習環境も厳格ですが、その分、高度な教育を受けられるという利点があります。

特に、難関大学や特定の専門分野への進学を目指す生徒にとっては、質の高い教育内容と充実した学習サポートが魅力です。

進学校では、教員も学問に精通しており、生徒の才能やポテンシャルを最大限に引き出すための指導を行います。

結局のところ、自称進学校と進学校のどちらが良いかは、生徒の学習スタイル、教育に対する期待、進学後の目標によって決まります。

自分にとって何が最も重要かを考え、それに合った環境を提供してくれる学校を選択することが、最も適切な道を選ぶための鍵となります。

自称進学校のメリット・デメリット

自称進学校のメリット・デメリットを詳しく紹介します。

自称進学校のメリット

自称進学校に在籍することは、さまざまなメリットを生み出します。まず、これらの学校は進学実績を重視しているため、国公立大学や有名私立大学への合格を目指す生徒にとって、目標達成に向けた環境が整っている点が挙げられます。

また、競争意識を養うことができる環境も、生徒の学習意欲を高める一因となります。

自称進学校では、多くの生徒が高い目標を持って勉強に取り組んでいるため、刺激を受けて自身も努力を重ねることが可能です。

同じ目標に向かう仲間と切磋琢磨しながら学ぶことで、モチベーションの維持や向上につながります。また、学校全体が進学指導に力を入れているため、受験に関する情報や資源が豊富にあり、学習サポート体制も充実しています。

加えて、自称進学校のカリキュラムは、一般の高校に比べて充実しており、様々な科目で深い学問的理解を得ることができます。

進学校であるがゆえに、教育の質が高く、熱心な教師が多いのも大きな利点です。教師たちは、生徒一人ひとりの学力や個性に合わせた指導を行い、学問的な興味や才能を引き出すことに注力しています。

また、自称進学校には多様な進路が開かれているため、生徒は広い視野で将来の選択を考えることができます。

高い進学実績はそのまま社会的な評価にも繋がることから、卒業生のキャリアパスも多彩になりがちです。

このように、自称進学校は、学業のみならず将来のキャリアにおいても、生徒にとって有益な選択となる可能性を秘めています。

自称進学校のデメリット

自称進学校のデメリットは、その教育環境と学習体制に起因するものが多いです。

まず、自称進学校はしばしば宣伝により学校のイメージを高めようとしますが、実際の教育水準や学習環境がそれに必ずしも達していないことがあります。これにより、学校選びにおいて誤解を招く可能性があり、生徒や保護者が期待していた学習環境とのギャップに直面することがあります。

また、自称進学校では一律の教育方針に基づくカリキュラムが組まれることが多く、個々の生徒の学力や興味、ニーズに合わせた柔軟な教育提供が不足している場合があります。

このため、学生一人ひとりのポテンシャルを最大限に引き出すことが難しく、特に学力の高い生徒や特定の分野に興味を持つ生徒は、自分の能力を十分に伸ばすことができないこともあります。

さらに、自称進学校は国公立大学や有名私立大学への合格者数を重視する傾向にあり、その結果、学校全体が受験指導に偏重することがあります。

このような環境では、生徒の教育や個性の多様性が犠牲になりがちで、一方的な学習スタイルや受験対策に重点を置いた教育が行われることがあります。その結果、生徒は幅広い教養や知識を身につける機会を失い、教育の質の低下を招く可能性があります。

また、競争が激しい環境は生徒の精神的なストレスを高めることもあり、学校生活の楽しさや充実感を感じることが難しい場合もあります。

学業のプレッシャーにより、生徒の学習への意欲減退や個性の抑圧が生じる可能性も考えられます。

これらのデメリットを理解し、自称進学校を選択する際には、学校が提供する教育内容や環境が自分の学習目標やニーズに合致しているかを慎重に検討する必要があります。

進学校のメリット・デメリット

進学校のメリット・デメリットを詳しく紹介します。

進学校のメリット

進学校には多くのメリットがあります。これらの学校は、一般的に高い学力を持つ生徒が集まり、優れた教育水準と学習環境を提供しています。

そのため、生徒は自身の学力を最大限に伸ばすことが可能です。

まず、進学校は高い教育水準を有しています。優秀な教師陣による質の高い授業が行われ、学問の深い理解と高度な思考力を養うことができます。

教育内容は幅広い知識に加え、批判的思考や問題解決能力の育成にも重点を置いており、生徒にとって豊かな学びの経験となります。

進学校のもう一つの大きなメリットは、同じように高い目標を持つ生徒たちと共に学べる環境があることです。

これにより、学生は互いに刺激を受け合い、学習に対するモチベーションが高まります。競争と協力のバランスが取れた環境は、生徒たちが互いに高め合いながら成長することを促します。

また、進学校は多様な進路支援やキャリア教育に力を入れています。生徒一人ひとりの進路希望に応じたきめ細やかな指導が行われ、難関大学をはじめとする高い進学実績を有しています。

専門的な進学指導や個別のカウンセリングを通じて、生徒の学習や進路に関する悩みを解決し、目標達成に向けた支援を提供しています。

さらに、進学校は充実した学習環境を提供しています。最新の教育設備や資源が整い、学習に必要なさまざまな支援が受けられるため、生徒は効果的に学習を進めることができます。

学校施設や設備の充実は、生徒が学問に集中し、研究や探究活動に没頭することを可能にします。

これらのメリットは、進学校が優秀な生徒を集め、高い教育水準を維持し、生徒一人ひとりの才能と可能性を最大限に引き出すための環境を提供していることを示しています。

進学校のデメリット

進学校のデメリットを理解することは、教育選択において重要です。進学校は多くのメリットがある一方で、生徒にとっては以下のような課題や圧力も存在します。

まず、進学校では学業に関するプレッシャーが非常に高いことが挙げられます。高い学力を維持するための競争が厳しく、生徒は常に高いパフォーマンスを求められます。

このような環境は、学業成績に対するストレスや焦りを生み出すことがあり、精神的な負担となることもあります。

次に、進学校では一部の生徒が学習ペースについていけない可能性があります。カリキュラムが進むスピードが速く、教育水準が高いため、すべての生徒が同じペースで進むことが難しい場合があります。

特に、基礎学力に不安がある生徒や、特定の科目に苦手意識を持つ生徒は、ついていくのが困難になることがあります。

また、進学校は学業成績に偏重する傾向があり、それ以外の分野での活動や生徒の個性が十分に発揮されにくい環境となることがあります。

学業以外の活動に対して十分な時間やリソースが割かれないこともあり、生徒が多様な経験をする機会が限られることもデメリットとして挙げられます。

さらに、進学校の学生は、同じように高い目標を持つ仲間との間で激しい競争にさらされるため、友人関係においてもストレスを感じることがあります。

同級生との競争が前面に出すぎると、協力よりも競争を優先する風潮が生まれ、学校生活の中で支え合う関係性が築きにくくなることもあるでしょう。

進学校の選択は、高い教育水準と学業成果を求める一方で、これらのデメリットを熟考し、個々の生徒のニーズや性格に合致するかを検討する必要があります。

自分の通う高校は自称進学校?簡易的に診断する方法

自分の通っている高校が自称進学校かどうかを簡易的に診断する方法はいくつかあります。

今回は、以下5つの点をチェックすることで、所属する学校が自称進学校の特徴を持っているかどうかを大まかに判断することができます。

  • 進学実績のアピール度合い:
    学校が進学実績をどの程度強調しているかを見ましょう。特に国公立大学や有名私立大学への合格者数を前面に押し出している学校は、自称進学校の特徴を持つ可能性があります。
  • 偏差値と実際の学力:
    学校の公表している偏差値と、在籍している生徒の実際の学力や学習環境が合致しているかを考えます。偏差値が高めであるにも関わらず、学習内容や指導レベルがそれに見合っていない場合、自称進学校の傾向があるかもしれません。
  • 教育内容とカリキュラム:
    学校の教育内容やカリキュラムが、本当に高い学力を要求されるものであるか、または多様な学問分野にわたっているかを確認します。進学校は通常、広範囲にわたる深い学問的な探究を提供しますが、自称進学校はその範囲が限定されていることがあります。
  • 生徒や保護者の意見:
    学校に通う生徒やその保護者からの意見を聞くことも重要です。実際に学校に通っている生徒や卒業生、保護者の体感や評価は、学校が自称進学校かどうかの手がかりになることがあります。
  • 学校の施設や設備:
    学校の施設や設備が進学校として適切かどうかもチェックポイントです。進学校は通常、学習をサポートするための十分な設備や資源を備えています。これに対し、自称進学校では設備や資源が不足している場合があります。

上記の点を総合的に考慮することで、自分の通う高校が自称進学校の特徴を持つかどうかをある程度判断することができます。

自称進学校出身者の「自称進あるある」の真相10選!束縛される?課題多すぎ?自称進の闇」でも紹介しておりますため、ご覧ください。

自称進学校から難関大学を目指す上で注意するポイント3選

自称進学校から難関大学を目指す上で注意するポイントは以下3つです。

  • ペース配分を考えて対策する
  • 効率重視で志望校に向けた対策する
  • 基礎の完成スピードの対策する

詳しく紹介します。

ペース配分を考えて対策する

普通の高校や非進学校では、カリキュラムが難関大学受験を想定していないことが多いです。

そのため、通常の授業ペースや内容だけでは、難関大学の入試に必要な学力を身につけることができない可能性が高いです。

自主学習で補う必要があり、計画的に学習スケジュールを立てて、授業外での勉強時間を増やすことが不可欠です。

特に、高度な問題解決能力や思考力が求められる試験に向けて、積極的に追加の学習を行う必要があります。

効率重視で志望校に向けた対策する

志望する難関大学の特性を研究し、その大学が重視する学力や能力に合わせた対策を立てることが重要です。

過去の入試問題を分析し、出題傾向や必要な知識・技能を把握し、それに合わせた効率的な学習計画を立てる必要があります。

また、模試や予備校のクラスを利用して実践的な対策を行うことも、知識の定着と試験対策の両方に役立ちます。

基礎の完成スピードの対策する

難関大学の入試では、高度な問題を解くためにはしっかりとした基礎知識が必要です。

そのため、高校での初期段階から基礎知識の確立に努め、早い段階で基礎を固めることが大切です。

基礎がしっかりしていれば、応用問題や難しい問題にも対応しやすくなります。

特に、数学や科学科目では、基礎的な概念や法則の理解が深まれば深まるほど、難問へのアプローチもしやすくなります。

自称進学校からでも夢を叶える:東大・医学部・京大進学戦略」でも詳しく紹介していまため、ご覧ください。